応急手当

【救急車到着までが救命率を左右する】
  救急車の要請を受け事故発生現場まで到着する時間は、全国平均で約6分、この時間は、呼吸が止まり心臓も止まっているけが人や、急病人を救命するためには、たいへん重要な時間となります。

  偶然、救急現場に居合わせた場合は出血があれば止血を、そして呼吸や心停止している場合は人工呼吸や心臓マッサージなどの応急手当を正しく行い、救急車の到着を待って下さい。みなさんのご家族や同僚の方々の生命を助けるには、こうして皆さんと救急隊が一体となって救護活動にあたることが必要なのです。

 

 

 

救急車が来るまでに、大切な人を守れるのはあなたです

  家庭や職場で家族や友人が倒れたとき、救急車が到着するまでの空白の時間にその人の命は「あなた」につないでいただくしかありません。
そのためにも、救命講習を受講しいざというときのために備えましょう。

講習日 毎月第2火曜日
会 場 笠岡地区消防組合消防本部 講堂
対象者 一般市民の普通救命講習受講希望者
内 容 心肺蘇生法・止血法・応急手当
申込問い合わせ 笠岡地区消防組合消防本部警防課
0865−63−7122
申込期限 講習日の一週間前まで

平成26年度普通救命講習会
(定期)開催予定表

戻る